【SwiftUI】Spacer の使い方

Spacer はその名の通り View の間の空白の領域を表現するために使う View の一種です。

SwiftUI のレイアウトをマスターするには欠かせない役割を担っているので、よく使う例を紹介使用と思います。

【SwiftUI】Spacer の使い方

テキストを左寄せ、右寄せにする

左寄せ
HStack {
    Text("ABCDEFGHIJKLMN")
    Spacer()
}
右寄せ
HStack {
    Spacer()
    Text("ABCDEFGHIJKLMN")
}

HStack を VStack に変えれば、上寄せ・下寄せにすることもできます

左右に固定幅の余白を設ける

HStack {
    Spacer().frame(width: 50)
    Text("AAAAAAAAAAAA...AAA")
    Spacer().frame(width: 50)
}

テキストの始端や折り返しの様子から、左右に50ptの余白が取れていることがわかると思います。

左右に最低幅のある可変な余白を設ける

HStack {
    Spacer(minLength: 100)
    Text("ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ")
    Spacer(minLength: 100)
}

Spacer(minLength: 100) とすることで最低幅を指定することができます。文字列の左右には100以上の幅が取られています。

文字列を長くすると左右の幅100が最低限確保されるため、以下のように文字列が改行されます

HStack と VStack のプロパティでもスペースを作れる

Spacer 自体の話ではありませんが、実は HStack と VStack には spacing というプロパティがあ利、これを使うことで均等にスペースを配置することができます。

VStack(spacing: 20) {
    Text("ABCDEFGHIJKLMN")
    Text("ABCDEFGHIJKLMN")
    Text("ABCDEFGHIJKLMN")
}

もちろん、Spacer と組み合わせることもできます。

VStack(spacing: 20) {
    Text("ABCDEFGHIJKLMN")
    Text("ABCDEFGHIJKLMN")
    Spacer().frame(height: 20)
    Text("ABCDEFGHIJKLMN")
}

HStack, VStack の spacing と Spacer を使って効率よくレイアウトできると良いですね。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です