Xcode12にアップデートしたらPodライブラリで大量に警告が発生したので対処した件

先日(2020/9/17)Xcode12が正式にリリースされたので、早速アップデートしたところ、下記のような警告が大量発生しました。

The iOS Simulator deployment target ‘IPHONEOS_DEPLOYMENT_TARGET’ is set to 8.0, but the range of supported deployment target versions is 9.0 to 14.0.99.

エラーではないのでビルドは通るのですが、気分はよくないので調べてみたところ、CocoaPods でインストール済みのライブラリが起因しているようでした。

The iOS Simulator deployment target ‘IPHONEOS_DEPLOYMENT_TARGET’ is set to 8.0, but ・・・

Xcode12 にアップデートした際にシミュレータも更新されます。

原因はそのシミュレータの実行可能な iOS ターゲットの最低条件が iOS 9.0 以上 であるのに対して、ライブラリ側の設定が iOS 8.0 以上となっているためでした。

Pod ライブラリが Xcod12 向け(最低条件 iOS 9.0)にビルドされたバージョンのリリースを待つしかないのですが、このまま警告が出続けるのも気分が悪いです。

Qiita記事AppleDeveloperForumで同じ問題に対処していたので早速対応してみました。

Podfile を開き、最下部に以下の内容を貼り付けて保存し pod update を行います。

$ vi Podfile
post_install do |installer|
  installer.pods_project.targets.each do |target|
    target.build_configurations.each do |config|
      config.build_settings['IPHONEOS_DEPLOYMENT_TARGET'] = '9.0'
    end
  end
end
$ pod update

pod update 完了後、Build して警告が消えれば成功です。

ただし、Swift Package Manager でインストールしたライブラリは CocoaPods とは関係ありませんので、当然警告は消えませんでした。こちらは気長にライブラリの更新を待つしかなさそうです。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です