Firebase Authentication の iOS 導入手順【②メールアドレス・パスワード認証によるユーザー登録編】【SwiftUI】

前回の①基礎設定編の続きです。

今回はメールアドレス、パスワード認証によるユーザー登録手順について解説します。

ちなみに、Firebase Console の画面からもユーザーを登録することができますが、これはあくまで管理人用のユーザーを作ったりする用の機能なので、当然アプリから登録するにはプログラムを組む必要があります。

他の Firebase Authentication についての記事一覧は以下の通りです。

Firebase Authentication の iOS 導入手順【②メールアドレス・パスワード認証によるユーザー登録編】【SwiftUI】

(1) メールアドレス・パスワードによる認証を許可する

最初に、Firebase のコンソール画面から、メールアドレス・パスワードによるユーザー登録や認証をできるように許可を与える必要があります

Firebase Console にログインし、[Authentication] > [Sign-in method] を開き、ログインプロバイダ欄から[メール/パスワード]をクリックしてください。

上側のスイッチを有効にして保存を押します。

ステータスが「有効」になったか確認しましょう。

(2) ユーザーアカウントを作成する

①基本設定編の最後の方でも触れましたが、AppDelegate で Firebase ライブラリのインポートと FirebaseApp.configure() の呼び出しを忘れないようにしてください。

import Firebase
・・・
func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplication.LaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
    FirebaseApp.configure()
    return true
}

そして、Firebase認証系のライブラリを使うモジュールでは FirebaseAuth をインポートしてください

import FirebaseAuth

メールアドレスとパスワードを使用してユーザーアカウントを作成するには、

Auth.auth().createUser(withEmail: email, password: password)

を使用します。

Auth.auth().createUser(withEmail: self.mailAddress, password: self.password) { authResult, error in
    if let user = authResult?.user {
        dump(user)        
    } else {
        dump(error)
    }
}

返り値の authResult から user が取得出来ればユーザーの作成が成功しているはずですので、Firebase Console の [Authentication] > [Users] を開いてユーザーが登録されているか確認しましょう。

なお、authResult.user からは以下のユーザー情報を確認することが出来ます。

  • uid:一意のユーザーID
  • email:登録メールアドレス
  • displayName:表示ユーザー名
  • phptoURL:プロフィール画像のURL(URL型)
  • providerData:プロバイダ情報
  • isAnonymous:匿名ユーザーかどうかの真偽値

(3) 認証エラーに対処する

createUser でエラーがあった場合は、返り値の error の中身(エラーコード)を確認しエラーメッセージの出し分けをしましょう。

エラーコードの enum 値を取得するには AuthErrorCodeerror.code の値を渡します。

Auth.auth().createUser(withEmail: self.mailAddress, password: self.password) { authResult, error in
    if let error = error as NSError?, let errorCode = AuthErrorCode(rawValue: error.code) {
        switch errorCode {
        case .invalidEmail:
            print("メールアドレスの形式が正しくありません")
        case .emailAlreadyInUse:
            print("このメールアドレスは既に登録されています")
        case .weakPassword:
            print("パスワードは6文字以上で入力してください")
        default:
            print("その他のエラー")
        }
    } else {
        print("ユーザー登録成功")
    }
}

上記は一例となります。Firebase 認証関連の全てのエラーについてはこちらの公式ページをご確認ください。

(4) ユーザー登録の実装例

最後に、簡易的なユーザー登録フォームを使った実装例を紹介します。読者の方のアプリ実装時の参考となれば幸いです(細かい部分はあまり最適化していないのでご了承ください)。

import SwiftUI
import FirebaseAuth

struct AuthTestSignUpView: View {
    
    @State private var mailAddress = ""
    @State private var password = ""
    @State private var passwordConfirm = ""
    
    @State private var isShowAlert = false
    @State private var isError = false
    @State private var errorMessage = ""
    
    var body: some View {
        HStack {
            Spacer().frame(width: 50)
            VStack {
                TextField("メールアドレス", text: $mailAddress).textFieldStyle(RoundedBorderTextFieldStyle())
                SecureField("パスワード", text: $password).textFieldStyle(RoundedBorderTextFieldStyle())
                SecureField("パスワード確認", text: $passwordConfirm).textFieldStyle(RoundedBorderTextFieldStyle())
                Button(action: {
                    self.errorMessage = ""
                    if self.mailAddress.isEmpty {
                        self.errorMessage = "メールアドレスが入力されていません"
                        self.isError = true
                        self.isShowAlert = true
                    } else if self.password.isEmpty {
                        self.errorMessage = "パスワードが入力されていません"
                        self.isError = true
                        self.isShowAlert = true
                    } else if self.passwordConfirm.isEmpty {
                        self.errorMessage = "確認パスワードが入力されていません"
                        self.isError = true
                        self.isShowAlert = true
                    } else if self.password.compare(self.passwordConfirm) != .orderedSame {
                        self.errorMessage = "パスワードと確認パスワードが一致しません"
                        self.isError = true
                        self.isShowAlert = true
                    } else {
                        self.signUp()
                    }
                }) {
                    Text("ユーザー登録")
                }
                .alert(isPresented: $isShowAlert) {
                    if self.isError {
                        return Alert(title: Text(""), message: Text(self.errorMessage), dismissButton: .destructive(Text("OK"))
                        )
                    } else {
                        return Alert(title: Text(""), message: Text("登録されました"), dismissButton: .default(Text("OK")))
                    }
                }
            }
            Spacer().frame(width: 50)
        }
    }
    
    private func signUp() {
        Auth.auth().createUser(withEmail: self.mailAddress, password: self.password) { authResult, error in
            if let error = error as NSError?, let errorCode = AuthErrorCode(rawValue: error.code) {
                switch errorCode {
                case .invalidEmail:
                    self.errorMessage = "メールアドレスの形式が正しくありません"
                case .emailAlreadyInUse:
                    self.errorMessage = "このメールアドレスは既に登録されています"
                case .weakPassword:
                    self.errorMessage = "パスワードは6文字以上で入力してください"
                default:
                    self.errorMessage = error.domain
                }
                
                self.isError = true
                self.isShowAlert = true
            }
            
            if let _ = authResult?.user {
                self.isError = false
                self.isShowAlert = true
            }
        }
    }
}

以上、次回③メールアドレス・パスワード認証によるログイン・ログアウト編に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です