【SwiftUI】ProgressView(UIActivityIndicator)の使い方【Xcode12&iOS14】

今回はデータの読み込み中の表示などに使用する ProgressView の使い方について解説します。

※2020/09/17現在では、Xcode12 beta & iOS14 beta のみビルド及び実行ができます。

【SwiftUI】ProgressView(UIActivityIndicator)の使い方【Xcode12&iOS14】

ProgressView は2種類の表示スタイルがあります。

  • .progressViewStyle(CircularProgressViewStyle())
  • .progressViewStyle(LinearProgressViewStyle())

ただし、明示的にスタイルを指定しなくてもイニシャライザーによってスタイルが変わるようになっています

順番に使用例を見ていきましょう。

(1) CircularProgressViewStyle

API通信中などに使う所謂「クルクル」です。ラベルを指定することができます。

ProgressView("Now Loading...")

(2) LinearProgressViewStyle()

ダウンロードの進行状態などに使うゲージタイプのスタイルです。

@State private var current = 0.0
ProgressView("Downloading...", value: current, total: 100)

value: には進行値を指定します。

total:value に対しての最大値を指定します。

上記の例のように、total に 100 を指定した場合、current が 10 の時に 10% 進行している表示になります。

このままではバーは進捗しませんので、タイマーをセットして徐々にバーが増えていく例を見てみましょう。

struct ContentView: View {
    
    @State private var currentProgress = 0.0
    private let total = 100.0
    
    var body: some View {
        HStack {
            Spacer(minLength: 16)
            let timer = Timer.publish(every: 0.1, on: .main, in: .common).autoconnect()
            ProgressView("Downloading...", value: currentProgress, total: total)
                .onReceive(timer) { _ in
                    if currentProgress < total {
                        currentProgress += 2.0
                        if currentProgress > total {
                            currentProgress = total
                        }
                    }
                }
            Spacer(minLength: 16)
        }
    }
}

バーの色とラベルの色を変える

バーの色は .accentColor で、ラベルの色は .foregroundColor で変えることができます。

ProgressView("Downloading...", value: currentProgress, total: total)
    .accentColor(.purple)
    .foregroundColor(.yellow)

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です