SwiftUIで区切り線を引く方法【Divider】

今回はSwiftUIの「Divider」の使い方について解説します。

尚、本記事内の画面キャプチャの Divider は、見やすさを考慮して実際は .background(Color.white) を指定しています。

SwiftUIで区切り線を引く方法【Divider】

Divider には引数ありのイニシャライザーはありませんので以下の様な宣言のみとなります。

Divider()

縦線を引く方法

HStack の中Divider を設置すると自動的に縦線となります。

HStack {
    Text("左左左左左")
    Divider()
    Text("右右右右右")
}

この状態だと画面縦幅いっぱいに線が出てしまいます。HStack に fixedSize() を指定することで最も高さがあるViewに合わせてくれます。

HStack {
    Text("左左左左左")
    Divider()
    Text("右右右右右")
}.fixedSize()

横線を引く方法

続いて横線を引く場合は VStack の中Divider を設置します。

VStack {
    Text("上上上上上")
    Divider()
    Text("下下下下下").font(.largeTitle)
}.fixedSize()

HStack の場合と同じく、VStack に fixedSize() を指定することで、最大幅のViewに合わせて線を引いてくれます

最後に、線の色を変える場合ですが、foregroundColor(color: Color?) ではなく background(background: View) を指定する必要があります。

Divider().background(Color.orange)

以上、Divider の基本的な使い方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です