SwiftUIで画像(UIImage)を表示する方法【SwiftUI入門】

SwiftUI で画像を表示するには Image を使用します。今回は、Xcodeプロジェクトの Assets.xcassets に格納された画像の表示方法を紹介します。

SwiftUIで画像(UIImage)を表示する方法

まず、画像は予め Assets.xcassets にドロップ&ドロップで格納しておきます。

Assets.xcassets の画像を使う場合は、以下のイニシャライザーを使用します。

Image(name: String)

画像のファイル名を指定するだけです(拡張子は要りません)。

まずは、特に何もせず、そのまま表示してみます。

Image("cat_image")

元の画像が長方形のため、センタリングされた結果左右の部分が画面外に出ています。

次に、画面全体(セーフエリアは除く)に引き伸ばして表示してみます。画像のサイズを変更するには、.resizable() を予め指定する必要があります。また、画面全体に引き伸ばすには、.scaledToFill() を使います。

Image("cat_image")
    .resizable()
    .scaledToFill()

今度は、画像全体が画面内に収まる様に表示してみます。画面にフィットさせるには、予め、.resizable() をした上で、.scaledToFit() を指定します。

Image("cat_image")
    .resizable()
    .scaledToFit()

最後に、画像を丸く切り取って表示する方法を紹介します。円状にクリッピングするには、.clipShape(Circle()) と指定します。

Image("cat_image")
    .resizable()
    .scaledToFit()
    .clipShape(Circle())

以上、Image の使い方について解説しました。

SF-Symbol 等のシステムアイコンや、UIImage からの表示手順については別の記事で紹介する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です