【SwiftUI】NavigationBar にボタンや画像を配置する

NavigationBar の左右には TextButtonImage 等の View を配置できます

いくつかの例を上げながら解説していきます。

【SwiftUI】NavigationBar にボタンや画像を配置する

ナビゲーションバーに View を設置するには navigationBarItems プロパティを使います。

.navigationBarItems(leading: View, trailing: View)

leading左側trailing右側になります。

もちろん、leading だけ、または trailing だけという指定もできます。

例1:Text を配置

struct ContentView: View {¥    
    var body: some View {
        NavigationView {
            VStack {
                Text("NavigationBarItems")
            }
            .navigationBarTitle(Text("ほげほげ画面"), displayMode: .inline)
            .navigationBarItems(
                leading: Text("左"),
                trailing: Text("右")
            )
        }
    }
}

例2:Button を配置

.navigationBarItems(
    leading: Button("キャンセル") {
        doSomething()
    },
    trailing: Button(action: {
        doSomething()
    }) {
        Image(systemName: "trash")
    }
)

例3:HStack で複数並べる

HStack を使って複数配置することもできます。

.navigationBarItems(trailing: HStack {
    Button("ボタン1") {}
    Button("ボタン2") {}
})

3つ以上並べることもできますが、その場合、以下のようにナビゲーションバーのタイトルの位置がずれてしまうので、デザイン的、UI・UX的観点からお勧めしません。

また、遷移先の画面では左側に戻るボタンが表示されるため、上記と同様に leading に配置することはあまりお勧めできません。

戻るボタンが表示される画面は trailing のみとし、最初の画面やモーダルの画面などでは、左右に1つずつか、どちらかに(一般的には右側が多い)2つまでとするのをお勧めします。

また、2つ配置する場合は、アイコンなどにしてスペースを節約すると良いでしょう。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です